現在地: トップページ » なつぞら » なつぞら150話「優を信じろ」感想

なつぞら150話「優を信じろ」感想

なつぞら150話は、千夏が学校から帰ってくるところから始まります。初対面の咲太郎のことをなつは千夏の叔父だと紹介していると、剛男もお店に入ってきて挨拶し、話し合いはどうなったのか尋ねました。

なつは「わかってもらえたわ」と答え、千遥は千夏に「これからはここで暮らしていけることになった」と話していました。剛男は富士子からだと言って昔千遥がしばた牧場に置いていった千遥の服を持ってきました。

 

すると、千遥もなつに借りていた衣類を返し、実の両親からの手紙もなつに返します。剛男はその手紙を見て、「やっと三人に届いたのか。奥原さんの思いはこうしてしっかり受け継がれていたんだね」と言っていました。

 

千遥の料理で昼食をとりながら、剛男になつの家に泊まるようになつがいい、自分はこれから仕事に戻ると話します。また、千遥と千夏には夏休みになったら十勝へ一緒に行こうと誘っていました。

 

十勝はソラのいる土地だと話すと、千夏は嬉しそうに「行きたい!」と言っていました。しばた牧場では、今年で91歳になる大樹が牛舎を見て回っていました。

 

照男が搾乳の効率を上げるためにシステムを取り入れたいと大樹に相談すると、「お前のすきにしろ。お前に任せる」と言って立ち去っていきました。

 

なつは家に帰っても仕事をしていて、剛男が優を寝かしつけていました。一久も放送日以外はずっと仕事場に居て、なつはこんな生活を変えなければいけないけれど、いつまでこのような生活が続くかわからないと頭を抱えていました。

そんななつに剛男は「優を信じろ。子供に期待しすぎるのはよくないし、期待しないのもよくない」と声をかけてくれました。

 

剛男は家に戻り、千遥のことは解決したけれど、なつの仕事の大変さを家族に話しました。その話を聞いて、大樹はなつの手伝いをしに行くように富士子に言います。

みんなからも行けと言われて、富士子はソラのアニメが終わるまでの間、なつの手伝いをしに上京することになりました。春になり、富士子は上京し仕事場にも挨拶します。

 

特に優を赤ちゃんの頃から見てくれていた茜にお世話になったと挨拶をしていました。なつは富士子に「なつを甘やかすなとじいちゃんに怒られなかった?」と尋ね、富士子から「じいちゃんに行けって言われた」と答えられて驚いていました。

 

大樹は牛小屋で小さいころの働くなつの姿を見ていました。よろめいて膝をつくき、小さいなつがいた場所にはもうなにも居ません。大樹が悲しそうな目でその空間を見つめているところでおしまいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です