現在地: トップページ » なつぞら » なつぞら感想131話「大事なモノはどこにあるのか!?」

なつぞら感想131話「大事なモノはどこにあるのか!?」

茜の家に預かってもらっていた優ですが、茜の妊娠により持続できなくなりました。それを知った優は寂しくなったのか、「茜さんと一緒がいい」とわがままを言いました。

一緒の時間が長かったし優しい茜ですから、そうなるのも当然かなとも思いますが「なつ」はショックを隠し切れないようですね。優を茜の所に置いてきた「なつ」は坂場が帰ってきても浮かない顔で落ち込んでいます。

 

幼少期の自分と照らして「子供は一緒にいてくれる人が一番だから」と理解しつつも寂しそうでしたね。夜中に電話が入り、迎えに来た坂場夫婦。優もやはり寂しくなったのですね。

優を背負い帰っていく「なつ」の表情が、自分と優の親子の絆を確信したような強く優しい顔でしたね。やっぱり母です!スタジオでは「キックジャガー」が終了しましたが、社長は次回も作画監督を依頼してきました。

 

やんわりと断る「なつ」に対しても「期待しているから今更困る」と強い口調です。次回は「魔界の番長」。これは「デビルマン」がモデルでしょうかね…。

それに対し「暴力的なアニメはもうやめたい…」 「6時には退社したいから…」と断りたい気持ちを滲ませました。桃代も東洋動画を辞めてマコプロへ行くようです。マコプロも盛り上がってきていますね。

 

ますます寂しくなってきた「なつ」でした。仲に仕事への思いを伝え応援してくれる仲。色んな思いを自分の中で消化し、それでもまた作画監督を引き受けた「なつ」。素晴らしい!なつぞら132話の感想につづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です